SSブログ

コートールド美術館展 [美術館]

コートールド美術館展~魅惑の印象派~

マネ 晩年の傑作〈フォリー=ベルジェールのバー〉来日
他、〈草上の昼食〉など傑作が勢揃い
 

 1.フォリー=ベルジェールのバー(エドゥアール・マネ 1882年) 
フォリー=ベルジェールのバー.png 


2. アルジャントゥイユのセーヌ河岸(エドゥアール・マネ 1874年) アルジャントゥイユのセーヌ河岸小.jpg


3.草上の昼食(エドゥアール・マネ 1863年)
草上の昼食小.jpg


4.カード遊びをする人々(ポール・セザンヌ 1892-96年)
カード遊びをする人々小.jpg 


5.舞台上の二人の踊り子(エドガー・ドガ 1874年)
舞台上の二人の踊り子小.jpg


6.傘をさす女性(エドガー・ドガ 1870-72年)
傘をさす女性.jpg


7.桟敷席(ピエール=オーギュスト・ルノワール 1874年)
桟敷席小.jpg




日付 2019年11月20日(水)
場所 東京都美術館 (上野)
時間 15:40~17:00頃


〈会場の雰囲気〉
 ・作品の展示数は60点。他、手紙や購入した際の領収証など
  資料展示がたくさんあった。ブロンズ像もある。

・展示会場はコートールド邸の写真が壁に貼られていて
 実際に展示品が飾られていた様子が再現されている。

・仕切っている壁は、一部窓のように切り抜かれている。
 
・映像は短い3分程度の上映があった。
 展示の中盤に映像スペースが設けられていた。

・序盤はあまり混雑せず、均等に人が流れていた。


〈見学者の様子〉
 ・60代~70代の男女。(シルバーデー65歳以上無料の日だった)

 ・男:女=1:3。

 ・夫婦で来ている人、女性は友達同士で来ている人が多い。
  男性はひとりで来ている方もいた。

 ・音声ガイドを使用している人がかなりいた。
  見た感じ全体の4割くらい。

 ・入場まで15分ほど待った。


〈土産物コーナーの状況〉
 ・ポストカード、マグネット、ポスター、Tシャツ、お菓子、ノートなどの
  商品展開があった。
  他チケットホルダーの展開があった。

 ・アクセサリーの販売はなかった。お菓子も少ない。

 ・ポストカードとマグネットはよく手に取られていた。

 ・今回展示されていた作家の年表グッズは面白いと思ったが
  トートバッグが黄色のカラーしかなくて残念だった。

 
〈この展示会で感じたこと
・解説が簡潔でわかりやすかった。
  章ごとに 1.画家の言葉から読み解く 2.時代背景から読み解く 
  3.素材・技法から読み解く となっていてわかりやすかった。

 ・序盤はセザンヌの有名な風景画などではじまり、
  中盤に向かうにつれ盛り上がっていく感じがとてもよかった。

 ・序盤は混雑しがちだがうまく流れていたと思う。
  また中盤の映像スペースも後ろを人が通れるようになっていて良かった。
  上の階にいく手前にスペースを設けたのも正解だと思う。

 ・個人的にはセザンヌの人物画はとても新鮮だった。
  ドガの〈舞台上の二人の踊り子〉〈傘をさす女性〉はかなりグッときた。
  〈桟敷席〉はいきいきした色使いと人間味を感じるところがよかったし、
  展示のメイン〈フォリー=ベルジェールのバー〉も写真で見るより実物の方が魅力的だった。
蠱惑的な表情にうっとりしてしまった。

 ・久々にポストカードで足りなくて図録を買った。

 ・コートールド氏センスが良すぎる。

〈背景〉
 ・会期 2019年9月10日(火)~12月15日(日)

 ・会場 企画展示室
  休室日月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
  ※ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室開室時間9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
   夜間開室金曜日、10月16日(水)、11月2日(土)、11月20日(水)、11月30日(土)、
   12月7日(土)、12月14日(土)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)

 ・主催 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、朝日新聞社、NHK、
     NHKプロモーション
 
 ・後援 ブリティッシュ・カウンシル協賛凸版印刷、三井物産、鹿島建設、
     ダイキン工業、大和ハウス工業、東レ協力日本航空
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。